補聴器 取扱商品

はじめての方へ

初めての方へ

日常生活の中で、こんなことはありませんか。 お気づきの点があれば、お気軽にご相談ください。

項目をチェック

聞こえのしくみ

図のように、「耳」の器官は外耳・中耳・内耳の3つのグループで構成されます。
音が聞こえるのは各部が次のように働くからです。
①音の振動は、外耳道を通ってその奥にある鼓膜を震わせます。
②鼓膜の振動は耳小骨に伝わり、その奥にある蝸牛へ伝達されます。
③蝸牛中ではリンパ液を震わせて有毛細胞を刺激します。
④振動は電気信号に変化され大脳へ伝わり、人はやっと「聞こえ」と認識します。

耳の仕組み

難聴の種類

難聴とは、大別すると3種類があります。

1伝音難聴

外耳から中耳にかけての障害が
原因で音がうまく伝わらない。

矢印

伝音難聴は耳栓をしているような状況。
大きな音は聞き取れる場合もあります。

2感音難聴

内耳から聴神経、脳にかけての障害が
原因で音がうまく伝わらない。

矢印

加齢による難聴も感音難聴の一種です。
聴神経系の障害のため、音量は聞こえているのに
言葉の内容が理解できない症状もあります。

3混合難聴

伝音難聴と感音難聴の両方が
混じり合った難聴

両耳装用のすすめ

補聴器は両方の耳に装用する事で、「聞こえ」の機能をより引き出すことができます。
メガネも片側のレンズだけでは上手く機能しないように、
補聴器も両方の耳にお使いいただくことをお勧めしています
。 両方の耳に装用することで、「聞こえ」の機能をより引き出すことが
できるようになります。

耳の仕組み

両耳に装用したときのメリット

1音の臨場感

音を立体的にとらえることができるので、聞き取り能力が向上します。

2音の方向感

両耳に音が入ると、聞こえの範囲が左右均等に広がり、音の方向を捉えやすくなります。

・ 話しかけられた方向が分かります。
・ 街を歩いている時、後ろからの車の接近などの危険を察知しやすくなります。

2快適な音量

一般的に片耳装用の場合に比べて両耳装用の方が、補聴器のボリュームを小さくすることができるので、音が耳にやさしく疲れにくくなります。

最新のシーメンス補聴器をご自宅でお試し可能な補聴器レンタルプランもございます!!
詳しくは、こちらをクリック▶